にゃいパパHOME麺ブログ

おうちで食べたラーメンの記録をご紹介!

【ラーメン通販レポ】宅麺.com「とみ田 つけめん」お取り寄せ実食

スポンサーリンク

とみ田 宅麺 つけめん

ご麺ください!おうちで食べられるおいしいHOME麺をお探しですか?
どうも、にゃいパパです。

本ブログでは、これまで250杯以上の通販・お取り寄せラーメンを食べてきた管理人がおうちで食べられる本格的なおいしいラーメンをご紹介しています。

今回は"お店の味をそのまま"いただけるラーメン通販サイト『宅麺.com』より「中華蕎麦 とみ田」の「つけめん」をいただきます!

とみ田 宅麺 つけめん パッケージ

宅麺.comで商品を調べる

「中華蕎麦 とみ田」は、もはや知らない人はいないであろうつけめん界の絶対王者。

誰もが唸る圧倒的に濃厚な旨味とコクが他と一線を画す、まさに本物を味わえる一杯!つけめんはまずこれを食うべし!

!こんな人にオススメ!

・濃厚魚介豚骨つけ麺が好きな方

・日本一のつけめんの”お店そのままの味”を食べたい方

・コンビニやスーパーで売られているとみ田の監修商品が好きな方

開封・調理

さっそく開封して中身を確認していきましょう!

中身

とみ田 宅麺 つけめん 中身

麺(250g)、具入りスープ(チャーシュー2枚、メンマ)が入っていました!

店名が刻まれた専用のスープ袋に綺麗に整えられた麺。ここまで綺麗な梱包はレアです。この時点で、見るものを圧倒する王者の風格が漂いますね!

作り方【約15分】

  • スープ:15分 湯煎
  • 麺:13分 茹でる
  • オススメトッピング:刻みネギ、味玉子、のり

今回は…麺は13分、追加トッピングは刻みネギ、ゆで卵、のりでいきます!

※基本の作り方はこちらをチェック

完成品

とみ田 宅麺 つけめん 完成品

全粒粉を配合した茶色に輝く麺、ドロリと濃厚な存在感のスープ。

何度か既にいただいてますが、いつも王の前に謁見するかのような緊張感w

では味のほうはどうなんだいってことで…

いざ、実食!

 

 

食レポ

麺【細☆☆☆☆★太】

とみ田 宅麺 つけめん 麺

では、水で締めたこだわりの自家製極太麺から。

香りよし!ツルツルでモチっとしてコシもしっかり。噛むほどに全粒粉の芳ばしさと小麦のさわやかな香りが鼻から突き抜け、甘味も加わって麺オンリーでもうまし!

まずは全粒粉の芳ばしい香りの良さが際立ちます。全粒粉は一般的に健康イメージが強いですが、美味さのための香りとして君臨します。

すすればツルツル、噛めばモチモチ、芯にはしっかり弾力のコシもあり咀嚼するほどに香り、旨味、甘味がじっくりと楽しめます。

相当なこだわりで作り上げられた麺。さすが王者の深みを味わえます。(冗談抜きで)

スープ【あっさり☆☆☆☆★こってり】

とみ田 宅麺 つけめん スープ

お次はドロリと超濃厚なスープを単独で!

うままーい!とにかく深い。深い。全部濃い。

豚の旨味、魚介節の風味、醤油のキレ、後を引く甘味、くどさを抑える酸味、ほのかに香る柑橘系の香り。全てが濃厚なのに喧嘩することなく神バランスに仕上げられた、恐ろしいほどのうまいの塊です。

いわゆるマタオマ系のベースになった味ですが、はっきりいって他を寄せ付けなほど群を抜いてうまい。濃度とバランスの秀逸さが全く違います。監修のチルド麺や冷凍麺とかも売られてますが、格段に濃いです。

鹿児島県純粋黒豚「黒の匠」と幻の豚「TOKYO-X」とレア食材を使用しており、なんというか安い肉と高い肉って旨味の質が全然違うよね!みたいな違いです。

食べるたびに、毎回本物の違いを思い知らされます。今回ももちろんw

とみ田 宅麺 つけめん 合体

それでは麺とスープを合体させていただきます!

もう1週間仕事がんばれちゃうのうまし!!!!!

最強×最強のタッグなのでいわずもがな。麺の香りがスープに全く負けておらず、噛むほどに両者の旨味と風味が融合していってただの至福。鼻も舌も幸せの絶頂です。

王者だからって大袈裟にほめすぎっしょ!と思う方もいらっしゃるかもですが、まじ食べてみてくださいw チルドや冷凍の監修商品とお店のそのままの味は全然違うので!

具材

とみ田 宅麺 つけめん チャーシュー

まずはしっかり大判な豚バラチャーシューから!

ホロホロで柔らかく、味は濃いめの仕上がり!

スープと同梱なこともあり、味は濃いめに入っています。噛めばホロっと崩れるほど柔らかく、麺を食べる合間にいただくとバランスが良いと思います。

これが2枚も入っているのはかなり贅沢ですね!

とみ田 宅麺 つけめん メンマ

次にメンマ!

シャキっと歯ごたえ残りつつも柔らかな仕上がり。こちらも味は濃いめ!

これでもかと口の中を濃厚にしてくれる具材達。嫌な塩辛さというわけではなく、味付けは濃いめながらも甘味もある甘辛仕上げなので、さらに麺が進みます。

 

この後、写真を撮り終えた僕は、一言もしゃべることなく無我夢中ですすり続けましたwうまかった~。

まとめ

いかがだったでしょうか?

つけめん界の絶対王者「中華蕎麦 とみ田」の代名詞であるつけめんの味わいは、こだわり抜かれた極太麺と濃厚スープのタッグが他を寄せ付けない圧倒的な美味さの塊で、まさにつけ麺の本物の味を思い知らされる一杯でした

つけ麺はまずこれから始めましょう!ごち麺でした!

宅麺.comで商品を調べる